農業進化は止まらない

長年、微生物や植物、環境浄化について趣味の範疇で実験や検証を 繰り返してきました。 不思議現象が科学的説明できるようになったり 未だに推測の域を超えない現象も多々ありますので 備忘録的に綴っていこうと思います。

耐寒性

植物の耐寒性は強い証拠(バーベナ)


過去記事で、耐寒性や巨大化を頑張っておりましたが、

レモンバーベナを秋口にバッサリ剪定し、冬に向けて根を養生しようと

外の棚(日陰)で保管していたところ、新芽が少しずつ生長し(仮眠に近い)

最低気温は2~6℃なんてよくあるのですが、耐寒性を保持してきたかも

しれません。
*本来、冬は必ず落葉します。
2020年2月3日撮影
DSC01437

この上にローズマリーがあって、鉢の底から土混じりの水がバーベナの
葉に落ちて茶色くなっているところがあります。
*まさか冬に出荷するなんて夢にも思っていなかったので・・・

香りも抜群! 冬に生のバーベナの香りを楽しめるなんて
想定外でした。

↓重要なお知らせ
DSC01435
巨大化させたバーベナと、秋口に剪定しなかったバーベナ
現状です。
このように、休眠状態が普通です。
葉は硬く、残香がある程度です。
*やはり剪定による刺激大事ですね。

これも、春以降、とんでもなく茂ってくるでしょう!

そういえば、ローズマリーも・・・
DSC01436

冬なのに、モリモリ生長しています。
*土に拘っての「0磁場」=高いエネルギー同士を拮抗させている。

余談ですが、波動(定義は置いといて)が強いとか高いものより
波動値=0の方が断然波動の質はよいのです。



↓純粋に冬の植物をいかに綺麗に育てるか楽しんでみました。
*仕込んだだけで放置ですが・・
DSC01441

なかなかの傑作です。(嬉しいです)

波動の上向き、下向き=0
強さ、高さを拮抗=0

農作物の場合は、収量あげたいのでちょっと考え方が変わります。

色々農園で実験中です。
面白い報告ができそうです。




 

植物DNA巨大化発現?ストレス栽培(レモンバーベナ編)



過去記事紹介の育たない苗

レモンバーベナの秘密


DSC00779

右側も左側と同じように生長止まったので、幹部5mm残して
剪定したら3方から新芽が育ってきた写真と紹介しました。

↑6月23日の写真です。

8月4日:あれから41日経過後の生長写真がこちらです。
DSC00946
DSC00949

3方の新芽は摘心せず育ててたら<頂芽優勢>で上に伸びてきて

脇芽も一気に増えてきました。

ストレスシグナル生育法による巨大化(生長速度が早い)
の典型でしょう。

ちなみに、左側の育たない苗は
レモンバーベナが枯れる原因
7月8日に実行した方法


8月4日現在↓

DSC00929


ごく普通に復活しました。(来年の優良株に)

2000倍くらいの成長速度の違いはありますね。


次は、下の2つは剪定で揃えて立派に双子のように

育った為に試験比較用に使っています。

L0720

DSC00947

DSC00948

右側鉢の背丈が一回り大きくなったのは、自作の液体活性剤散布

によるたった15時間経過だけの差です。

葉の光沢も右がたったの15時間で光り輝くよう変化が
出てきました。

因みに
窒素肥料はことごとく失敗しています。

窒素過剰ストレス耐性を付けたいけど難しいので諦め、

窒素外したストレス活性液に耐性を持たせたら覚醒しました。


植物は耐性を得る為に、あらゆるストレスから克服して
生長します。


熱・強風・水・乾燥・寒さ・富栄養・等々

私はストレス育生も導入しますので2割程度の苗は
克服できず育たなくなります。

が、諦めずに命を絶つ程のストレスを与えたら、

強烈な生命力が発現した例です。

*根だけは触らない方が良いようですね。


レモンバーベナは10月上旬まで旬ですよ。

段ボールに入らない大きさになってきました・・

DSC00925









花咲爺さんの粉(無機物)~その後

花咲爺さんの粉(無機物)をどうしたいんだ?

と声が聞こえそうですが・・・・

農業資材業界の方々には考えさせられる現象では

ないでしょうか?

私自身が土壌微生物の多様性やコア共生菌の微生物発酵マニア

ですから、かなり考えさせられた現象です。

発酵や微生物の話は一体何なんだ?と考えさせられるという
意味です。

植物の耐寒性・生命力アップ
の続きです。

このご高齢の方はガーデニングが趣味ですが
冬は日光の当たらない裏庭の畑で「花咲爺さんの粉」を
少し撒いて、ブロッコリーの大きさに驚いた後に・・・

↓だ、だ、大根・・・葉勝ち状態ではないのかと質問したら
 食べるより生長が早くて、葉を味噌汁にして食べたと・・

ん?3月の昼は少し日光当たっているようですね。
1553151806142

↓こ、こ小松菜・・・花が咲く前に食べようよ と伝えたら
高齢夫婦では食べきれない程大きくなるのが早いと・・
1553151801614

↓収穫終わった後のブロッコリー
まだ、わさわさと育って収穫しているそうな・・
1553151797483

↓去年、「花咲爺さんの粉」で育てた花達が冬越後に
 新芽が沢山でて咲き乱れてきたと喜んでました。
1553910482273
1553910488869
1553910513310
1553910476311

ご高齢の方々に喜んで貰えると、何故かとても嬉しいです。

そう、喜んで貰えることに喜んでいるだけなんですね。

他にも 続きがありますので次回。

植物の耐寒性・生命力アップ

原料説明



 

私は土壌と植物に対しては、多様性微生物群を崇拝して追及している

立場ですが・・・

 

まずは、花咲爺さんの粉(無機ミネラル単体のお話です。

 

この花咲爺さんの粉を根元に少し撒けば

○耐寒性アップ

○葉緑素増える

○葉や茎が太くなる。

○収穫や開花時期が延びる。

○病気に非常に強い  等々 表れます。

土壌がソコソコ育つレベルだと、もの凄い差がでます。

*私は比較区も元気に育つレベルで育てて比較するよう
 心がけています。 

 

鉱石等5種類混合で配合が繊細です。(放射線出ていません)
17年費やしました。
(マニアかオタクか・・)

 

植物に対する多量、中量、微量ミネラルとは全く関係のない効果です。

 

日々草(トコナツ)は猛暑と直射日光大好きな夏花ですね。

 

11月下旬には、葉を落とし、冬越しするか枯れるかは気温次第・・・・

と思っていましたが、こんなことが起きます。
<2月3日撮影>

s-0203トコナツ

バッサリ剪定して日陰に置いていたら試験区(右)は若芽が
再生して濃い緑のまま冬を越しています。

雪1回 フロントガラス凍ったこと2回 最近は気温1~14℃です。


V根元


花も数百個は咲かせたのに、どこにエネルギーが残っているのかな?

種のサヤの液体を顕微鏡で比較撮影しました。

すると、巷でいう「ソマチッド」が明らかに多く存在していました。

ここではソマチッド様物質とします。




次は、ミント(イエルバブエナ)

ラムベースのカクテルで大人気のハーブですね。

 

同じ遺伝子の苗を同じ土と小さい鉢で比較試験しました。

 

花咲爺さんの粉を適量より多めに土に混ぜ込みました。

↑これは余計な行為です。

根元にも少し。

 

↓比較区も立派ですが剪定せず鉢が小さいので葉先が枯れて

   新芽が出にくい状態かも?
s-DSC00240

 

↓試験区は12月上旬からポリフェノールが増えて綺麗な紅葉です。

こちらも剪定していませんが枯れませんね。
目的の香りも最高です。

s-DSC00239

 

新芽に大きな差が出ています。

↓試験区 分厚くて非常に丈夫です。

s-粉

↓比較区の新芽(薄いですがこれが標準です)
s-比較


比較区の土壌に元素が足りないなんてことはありません。


 

次は、ご高齢の方が「冬は太陽光が一切当たらない裏の畑で野菜を作りたい」
いっていたので、花咲爺さんの粉を新芽が出たら根元に少し撒いて

もらいました。

すると、ご本人も隣人もびっくりするくらい大きく育って、収穫3回目だと

興奮して連絡ありました。

 

肥料も土壌微生物も一切無視してもこのレベルの結果が出てしまいます。
(肥料分は何かが残っているのだと思いますが)

ブロッコリー 何故、葉がこんなに上を向いているのかな?

1547958322607

健康の為に土を弄って、健康になる無農薬野菜を食べて
最高ですね。

動画であるようなエネルギーの高い野菜が
究極の健康食品だと信じています。



多様性微生物土壌で立派に育った植物も
同じようなことが起きます。