夏真っ盛りですね。

レモンバーベナはモリモリ育っているかと
思います。
台風対策も兼ねて剪定しました。

この時期に剪定や摘心すると、他の小さな枝葉が育ちやすく、
脇芽も増えて秋口の収穫量増えますよ。
DSC00969

左と右の(L)レモンバーベナは同じように復活させたのに
凄い生長の差です。
生長促進の再現性と理論を合致できたら農業で役に立てるでしょうね。

DSC00970

頂芽を摘心し、育って欲しい枝はを残し形を整えます。
DSC00971

スッキリしました!

DSC00973

出荷前の苗ですが、育ちすぎたので剪定し、後々に沢山の葉を
付けるように!
DSC00974

可愛くまとまりました。

DSC00976
枝ごと流水で洗います。(葉を切ってはいけません)

ここから先の注意点は、絶対に擦らないこと!
DSC00979
DSC00980


DSC00982
葉を枝からカットし、キッチンペーパーで軽く押さえます。
(強く押さえると、重要な香りがペーパーに移りますので軽く)

DSC00983

電子レンジに乾いたペーパーを敷いてウエットな葉を置きます。

レンジモードで

800W=70秒以内 → 300W=70~90秒

DSC00985
写真のように濡れた場所があれば300Wで20秒単位で様子みながら
乾燥させます。

DSC00987
指で摘まむとパリパリに砕けたら成功。

800Wは最長70秒で止めて下さい。(焦げる場合があります)

最終乾燥はあくまでも300~400Wで調整します。


ここからお約束ごとがあります。

DSC00988

乾燥させた葉は、絶対に粉砕せず、そのままの形で保存瓶に
入れます。

砕かなければ香りが閉込められた状態をキープします。

香りを楽しむ時に、写真のように割り箸等で
押さえて香りを放出させます。


数回は楽しめるでしょう。

生の活きたレモンバーベナより、香りの効果効能は50%程度まで

落ちますが、市販のドライハーブとは比較になりません。

何せ、本場のフランスやイタリアの輸入物はレンジ強制乾燥させて

おらず、時間が経過しすぎて酸化と成分揮発しています。
(輸入物はハーブティーとしては楽しめます)

自分で育てている訳ですから当たり前ですけど・・・

香りで自分のスペックを上げる目的ですが、

寝る前にハーブティーにすると、穏やかな日々を過ごせるでしょう。

*湿気厳禁
*光で酸化しやすい
*暗い箱の中か冷蔵庫で保管


冬は落葉しますので、ぜひチャレンジして下さい!!