農業進化は止まらない

長年、微生物や植物、環境浄化について趣味の範疇で実験や検証を 繰り返してきました。 不思議現象が科学的説明できるようになったり 未だに推測の域を超えない現象も多々ありますので 備忘録的に綴っていこうと思います。

ミネラル

ソマチッドの種類と0磁場(更新)

前回記事のソマチッドについて

撮影成功したので、宜しければ
ご覧下さい。

ケイ素型ソマチッドの磁場に反応する様子も撮影しました。

0磁場の正体かもしれません!?




ソマチッドには、ケイ素型・カルシウム型の2種類が

存在しています。

映像の小粒の存在は、細菌やウイルスではありません。

何故なら、Si=岩石(珪酸鉱石) Ca=貝殻(97%)貝化石(3%)

それぞれを700℃→450℃で焼成した後に

真空高温で加熱(ここの温度が肝)し、蒸留水に溶かして

撮影しているので、生命体は存在できないでしょう。

ソマチッド撮影は飽きるほどやっているので、実はどうでもよく

大事なことは

『何ができるのか?どのように使うのか?再現性は確実か?』


動画の説明である配合を、米糠と籾殻に混ぜて、腐植土に数%混合し

微生物群と一緒に培養すると、写真のように冬でも発酵温度が

80℃までは一気に上がります。(水分調整必要)

この土を、発酵肥料の種菌にしてもよいですし、

ソマチッド混合物として色々な使い方が可能となります。

*発酵肥料そのものは発酵温度50℃以下に保たないと
 効果半減しますよ。
有用菌群で50℃超える温度に耐えられない種類はかなり多いです。

*乳酸菌崇拝者の方は55℃まで上げても良いですが
 (中温域に強い乳酸菌が多い)
 結果重視であれば50℃以下でしょう。


どのように安価に普及させるか時間が掛かりますが、

これらの手法で作った微生物群は、食品も肥料も

秘密の特徴があります。



それは、多くの方が実践している発酵は、分解と増殖発酵で

あるので、1g当たり2000万超の微生物密度までは

簡単ですが、その後、一気に生菌率が2桁下がることは研究員なら

誰でも知っております。

しかし、通称ミネラルのソマチッドで培養すると、生菌率の

低下率が1/20に抑えられます。


害虫も寄ってきません。


この辺の実践データは次の機会に・・




ケイ素溶解発酵



もみがら発酵

↑籾殻のような難分解性素材には、セルロースやリグニン分解菌糸が必要で、

当ソマチッドを液状噴霧かパラパラ撒くと、このように綺麗に綿状の菌糸発酵

が簡単にできて強いです。(砂糖等を混ぜると弱くなります)

これを土壌に撒くと、植物の病害虫防除や生育、耐寒性が強くなり

種やサヤに豊富にソマチッドが含まれます。




余談ですが、個人的に食べてみた感じですが・・

Ca型ソマチッドは、口の中で溶けて無くなり(数%は溶けない)
脳を楽にしてくれます。

Si型ソマチッドは腸内細菌が喜びますね。

〇Ca型80%:Si型20%混合=病害虫防除(半端ではない力)
〇Si型100% =腸内細菌有用菌の増大と安定
〇Ca型100% 偏頭痛や吐き気が短時間で緩和(腸内以外の臓〇へ酸素を〇給
  軽く歯磨きすると・・
 手をかざすと、粗いエネルギーを吸収する力が強い。
〇Si型95%:Ca型5%=土壌の多様性の・増大、有用菌発酵促進
等々です。







ソマチッドと農業革命の関係

植物が平均よりも耐寒性をもったり力強く育つ場合、

以前の植物ソマチッドの記事

この動画であるような、ソマチッドが豊富に

含まれます。
*他にも多く観察しています。



さて、ソマチッドとは?

色々とネット上では書かれていますが、私も「素材」に対して以前は疑問がありました。

以下のようなことが主に書かれています。

A.ソマチッドは「ケイ素」である。

B.ソマチッドは貝化石にあるカルシウムに含まれている。

C.カルシウムがケイ素に常温核融合された物質に含まれている。

D.植物や貝や動物に含まれているソマチッドは現代ソマチッドで個性があり、
   太古の化石や岩石のソマチッドは強く、現代ソマチッドを活性化させる

  諸々と言われていますね。


私なりに研究、実験した結果、ソマチッドには
◯ケイ素由来ソマチッド
◯カルシウム由来ソマチッド
共生関係にあり、この2つが存在しないと
凄い結果は望めません。

ソマチッドが多いと言われている太古の貝化石の場合、農業されている方はご存じだと思いますが、

作物土壌に混ぜると、根張りもよく強く育ちます。(一般カルシウム資材と比較)

そして、貝化石はカルシウムだけではなく

ケイ素が「珪酸」という形でかなり含まれています。
(素材によって違いますが)

貝化石の「ケイ素」は「珪藻」の核の珪酸が化石化されたもので

貝と一緒に数千年万年も風化されてできたものです。

しかし、貝化石は土壌微生物の多様性や活性度が高ければ、微生物の力を借りて植物にソマチッドを
発現できますが、その条件が難しい土壌も多いです。

そして、貝化石のケイ素=珪藻の化石=珪藻土は、ソマチッドの欠片も発見できず、動植物にも何ら凄い現象も起きません。

ということは「貝化石」でソマチッドを発現させるには、ケイ素が溶けやすいアルカリ側の微生物群で発酵させなければならないが、再現性が難しいことも分かりました。
珪藻由来のケイ素には、ソマチッド活性力がないという意味です。


そこで、噴火由来の真っ白の岩石を発見し、その岩石は

アルミが1%未満しかなく(通常の岩石はアルミが9~17%含まれています)
硬い珪酸(ケイ素)率90%以上で、水には溶けないが、微生物の力で簡単に溶解することを発見。

*微生物の力で化学薬品使わずともケイ素が溶解する岩石は他にもあります。


微生物で溶解させたケイ素由来ソマチッドを植物が吸収すると、ソマチッド様物質が多く含まれます。

しかし、カルシウム由来のソマチッドも同時に存在しなければ、植物も人間も大きな活力源とはなりません。

カルシウムは「石灰岩」「水酸化カルシウム」「炭酸カルシウム」「卵の殻」「貝殻」等々沢山存在しますが、ソマチッドを活性発現させる

為には素材が限定されます。

太古の海にはカルシウムが豊富に含まれていましたが、現在は微々たる量しか存在しません。

よって、石灰岩や化石が豊富な土壌の水が流れる海域で育った貝殻を使う必要があります。

そして、貝殻は化石になるくらいなので分解しません。

直火で焼成しなければ溶解せずソマチッド発現には至らないことも分かりました。

現代の貝殻でも、貝化石のカルシウムでも
よいですが、現代貝殻がカルシウム比率高い
為に結果が安定します。

直火温度もシビアな設定が求められるので非常に面倒ですが。。

例えば、雑草を焼くと草木灰「カリウムとカルシウムの肥料」になり溶解性が高く植物が吸収して元気になることも類似しています。

植物を炭化させるとカルシウムソマチッドは発現しません。

結論(ソマチッド基材)
〇ケイ素ソマチッドはケイ素を微生物で溶解させる。

〇カルシウムソマチッドはカルシウム素材を焼成させる。

この2点が合わさって、はじめて限界突破できるソマチッドの基材が完成します。
*他の微量要素も必要ですがマニアックな元素ミネラルなので割愛します。

さらには、土壌の微生物活性高く「ソマチッド基材」も散布した場合ですが

リン酸→窒素=カリ=カルシウムと、植物の要求量が非常に増しますので、これに気づいて沢山施肥した場合、豊作になります。


DSC01472
↑微生物で溶解させる前の珪酸岩石

DSC01473

↑選定したカルシウム素材をシビアな温度設定で焼成したもの。

これ直接食べると信じられない効果もありますが、活字には残せないので割愛します。


ケイ素溶解発酵
↑珪酸岩石を、太古の腐植土(フルボ酸等)で発酵溶解している写真

*余談ですが、発酵肥料でここまで発酵温度を上げると、多様性失います。
 これはケイ素を微生物で溶解させる目的の温度です。

DSC01474
↑天然水にケイ素/カルシウムソマチッドが溶解している写真
 *この段階では、微生物は熱殺菌されて存在しません。
  (可愛そうですが)
*他の一部の「ケイ素水」のように強アルカリの水酸化ナトリウムで溶解させていません。
  自然の力のみです。


↓次回説明しますが、植物性発酵肥料の菌糸

 これは「ソマチッド基材」を噴霧させ籾殻を発酵中の写真。
 綺麗な雪のような菌糸が全体を覆いながら籾殻に多く含まれる珪酸(ケイ素)と強固なセルロースを分解します。
この菌群は凄い能力ですよ。
 もみがら発酵

 


























植物の耐寒性は強い証拠(バーベナ)


過去記事で、耐寒性や巨大化を頑張っておりましたが、

レモンバーベナを秋口にバッサリ剪定し、冬に向けて根を養生しようと

外の棚(日陰)で保管していたところ、新芽が少しずつ生長し(仮眠に近い)

最低気温は2~6℃なんてよくあるのですが、耐寒性を保持してきたかも

しれません。
*本来、冬は必ず落葉します。
2020年2月3日撮影
DSC01437

この上にローズマリーがあって、鉢の底から土混じりの水がバーベナの
葉に落ちて茶色くなっているところがあります。
*まさか冬に出荷するなんて夢にも思っていなかったので・・・

香りも抜群! 冬に生のバーベナの香りを楽しめるなんて
想定外でした。

↓重要なお知らせ
DSC01435
巨大化させたバーベナと、秋口に剪定しなかったバーベナ
現状です。
このように、休眠状態が普通です。
葉は硬く、残香がある程度です。
*やはり剪定による刺激大事ですね。

これも、春以降、とんでもなく茂ってくるでしょう!

そういえば、ローズマリーも・・・
DSC01436

冬なのに、モリモリ生長しています。
*土に拘っての「0磁場」=高いエネルギー同士を拮抗させている。

余談ですが、波動(定義は置いといて)が強いとか高いものより
波動値=0の方が断然波動の質はよいのです。



↓純粋に冬の植物をいかに綺麗に育てるか楽しんでみました。
*仕込んだだけで放置ですが・・
DSC01441

なかなかの傑作です。(嬉しいです)

波動の上向き、下向き=0
強さ、高さを拮抗=0

農作物の場合は、収量あげたいのでちょっと考え方が変わります。

色々農園で実験中です。
面白い報告ができそうです。




 

もみ殻くん炭発酵ver花咲爺さんの粉編

s-DSC00222
↑花咲爺さんの粉(無機物)
↓発酵ver(無機物を有機物で発酵)
s-DSC00218
モミガラくん炭50%
花咲爺さんの粉20%
モミガラ+米ぬか30%発酵物質

何故、もみ殻くん炭を50%(体積比)で発酵させたのか?

もみ殻くん炭は、プロなら使いこなせるでしょうが、
ネガティブなポイントも指摘されています。
*ポジティブなポイントも当然あります。

難しいことは置いといて・・・

アルカリ土壌を好む植物には炭よりも「カルシウム」でしょうね。
もちろん、風化した貝化石(=ケイ素豊富なカルシウム)が
最高だと思います。
*土壌に混ぜ込む場合ですが。

石灰岩(カルシウムの元の石)に生息する植物多いですしね。

過去記事の花咲爺さんの粉は根元表土に少し撒くだけです。

土壌に混ぜ込むと絶大な効果は出ません。
むしろ、微量加減が難しいので表面にパラパラです。

もっと欲を出して、得意(好きなだけ)の微生物を使って
植物育成を高めようと、花咲爺さんの粉とモミガラくん炭を
発酵させてみました。

これも、根元表土にパラパラが効果高いです。
*植物好きな方に使い方を教えなければ、ほとんどの方が
 土に混ぜ込みます。
*表土にパラパラが正解です。

モミガラくん炭には、微生物の発生源になってもらいたいのと
発酵によってネガティブな部分は解除されて微量元素の
効果と表土の遠赤外線効果を期待します。(黒=遠赤外線です)

そうです・・黒いから使いたいのです。

また他人様のガーデニング大好きな方を紹介してもらい試験
してもらいました。

マツバギク

マツバギク:多年草ですが、去年は新芽が出てから生長がイマイチだったとの
こと。
恐らく根がパツパツで水が苦手なので根腐れっぽいのかな?

腰が抜ける程、沢山元気に咲いたと喜んでました。

牡丹花
牡丹:管理が難しいといわれていますね。
   剪定しないから毎年一輪しか咲かないと嘆いておりましたが
   デカすぎる綺麗な牡丹の花が・・・喜んでおりました。
牡丹つぼみ (2)
牡丹のつぼみも たっぷりです。

薔薇つぼみ
薔薇:薔薇は専門的にウンチクも多く、私には分からないですが
   とにかく弱っていたとのことですが蕾みが沢山でて
薔薇2

薔薇
綺麗に咲いたと喜んでいました。

↓レモンの木
1556274315609
1556274328641

レモン3年目らしいです。

3ヶ月前に根元表土にパラパラしたら、初めて咲いたと
喜んでおりました。

さて、困りましたね。

無機物の「花咲爺さんの粉」と遜色ない結果です。

微生物に拘る必要があるのかな?

と相当悩んだ結果でもありました。

結論としては、微生物に拘る=土壌の微生物の活性度や多様性

を求めると非常に安価に類似結果でます。

有用微生物の発生源を何にするか?

ここが重要でしょうね。

炭? モミガラ? それとも・・・・これ最高かも・・・
DSC00425











人の育毛~発毛




植物を圧倒的に元気にする結果を得たい

場合、過去記事3つだけでもアプローチ

(技術の根本)が

ひとつではないことがイメージできたかと

思います。
(まだ本丸のアプローチは記事にしてません)


植物テーマとは違いますが

育毛~発毛は、〇微細ミネラル 〇エネルギーの質

〇何で頭皮を洗うか? 〇睡眠の質 〇ストレス

〇生活習慣 〇食事 〇栄養 等々 でしょうか?

結果も「人によってかなり違う」ことが多いのは

発毛キッカケが人によって違うからです。

これらを全部深掘りして研究しましたが、完全にクリニック化

してしまいます。

よって

シンプルな道具と習慣だけで、発毛の底上げできないか?

これも14年程、少しずつやってきたので、一部結果を・・

↓頭頂部が細く薄くなったことを気にされた方
(撮影:2018.02.02)
正確に伝えると、数年間あれこれチャレンジされてかなり
毛が増えた状態です。


s-ハゲ4

↓同じ毛根穴から生える細い毛が太くなるかどうか?

毛-10

↓細い毛が増えていますね。
s-細い

↓一年後は同じ毛穴からの3本の毛が太くなってきています。
s-毛-4


↓1年1ヶ月後(撮影日:2019.03.08)
「備長炭ツボ押し」で押している写真
s-ハゲ1年目



太く増えてますね。


この方は、数年前から、あれこれチャレンジして下さって

ますが、この1年数ヶ月は「ソープ±0」と「備長炭ツボ押し」がメインで

忘れた頃に「フルソマ20倍希釈噴霧」とシンプルになったそうです。


「備長炭ツボ押し」で血管を押すと

血管を柔らかくする物質「NO」(一酸化窒素)

が発生し、血管の緊張を和らげて拡張します。

これによって血管が柔らかくなります。

毛細血管が柔らかくなるイメージで優しく押しましょう。

頭頂部のツボやコメカミ周辺、耳の周りの気持ちの良い

場所を押せばよいです。

(もちろん、毛髪の薄くなった場所も)
間接エネルギー

この記事の備長炭レベルを使っています。


シャンプーやソープは、それをつかっている限り

育毛は不可能かもしれませんし

健康食品も、AやBを食べ合わせているから育毛は不可能かも

しれませんし、難しいものですよね。

本気の発毛はクリニック化しかないかもしれませんが・・・


既に同族製品を1500本は出荷しましたが、

頭皮のはツボ押しは注意点があるようです。

約2ヶ月後に2名から「毛がさらに薄くなったかも」と

連絡受けて拡大鏡でみてもらった結果、

抜けたのではなく、切れ毛が増えたそうです

気持ちよい場所(ツボ)や薄い場所にピンポイントで

押しているので、毛自体も押しているポイントが集中し

そこから切れてしまったようです。

切れても育ちますが、優しく押しましょうね。