農業進化は止まらない

長年、微生物や植物、環境浄化について趣味の範疇で実験や検証を 繰り返してきました。 不思議現象が科学的説明できるようになったり 未だに推測の域を超えない現象も多々ありますので 備忘録的に綴っていこうと思います。

ミネラル

もみ殻くん炭発酵ver花咲爺さんの粉編

s-DSC00222
↑花咲爺さんの粉(無機物)
↓発酵ver(無機物を有機物で発酵)
s-DSC00218
モミガラくん炭50%
花咲爺さんの粉20%
モミガラ+米ぬか30%発酵物質

何故、もみ殻くん炭を50%(体積比)で発酵させたのか?

もみ殻くん炭は、プロなら使いこなせるでしょうが、
ネガティブなポイントも指摘されています。
*ポジティブなポイントも当然あります。

難しいことは置いといて・・・

アルカリ土壌を好む植物には炭よりも「カルシウム」でしょうね。
もちろん、風化した貝化石(=ケイ素豊富なカルシウム)が
最高だと思います。
*土壌に混ぜ込む場合ですが。

石灰岩(カルシウムの元の石)に生息する植物多いですしね。

過去記事の花咲爺さんの粉は根元表土に少し撒くだけです。

土壌に混ぜ込むと絶大な効果は出ません。
むしろ、微量加減が難しいので表面にパラパラです。

もっと欲を出して、得意(好きなだけ)の微生物を使って
植物育成を高めようと、花咲爺さんの粉とモミガラくん炭を
発酵させてみました。

これも、根元表土にパラパラが効果高いです。
*植物好きな方に使い方を教えなければ、ほとんどの方が
 土に混ぜ込みます。
*表土にパラパラが正解です。

モミガラくん炭には、微生物の発生源になってもらいたいのと
発酵によってネガティブな部分は解除されて微量元素の
効果と表土の遠赤外線効果を期待します。(黒=遠赤外線です)

そうです・・黒いから使いたいのです。

また他人様のガーデニング大好きな方を紹介してもらい試験
してもらいました。

マツバギク

マツバギク:多年草ですが、去年は新芽が出てから生長がイマイチだったとの
こと。
恐らく根がパツパツで水が苦手なので根腐れっぽいのかな?

腰が抜ける程、沢山元気に咲いたと喜んでました。

牡丹花
牡丹:管理が難しいといわれていますね。
   剪定しないから毎年一輪しか咲かないと嘆いておりましたが
   デカすぎる綺麗な牡丹の花が・・・喜んでおりました。
牡丹つぼみ (2)
牡丹のつぼみも たっぷりです。

薔薇つぼみ
薔薇:薔薇は専門的にウンチクも多く、私には分からないですが
   とにかく弱っていたとのことですが蕾みが沢山でて
薔薇2

薔薇
綺麗に咲いたと喜んでいました。

↓レモンの木
1556274315609
1556274328641

レモン3年目らしいです。

3ヶ月前に根元表土にパラパラしたら、初めて咲いたと
喜んでおりました。

さて、困りましたね。

無機物の「花咲爺さんの粉」と遜色ない結果です。

微生物に拘る必要があるのかな?

と相当悩んだ結果でもありました。

結論としては、微生物に拘る=土壌の微生物の活性度や多様性

を求めると非常に安価に類似結果でます。

有用微生物の発生源を何にするか?

ここが重要でしょうね。

炭? モミガラ? それとも・・・・これ最高かも・・・
DSC00425











人の育毛~発毛




植物を圧倒的に元気にする結果を得たい

場合、過去記事3つだけでもアプローチ

(技術の根本)が

ひとつではないことがイメージできたかと

思います。
(まだ本丸のアプローチは記事にしてません)


植物テーマとは違いますが

育毛~発毛は、〇微細ミネラル 〇エネルギーの質

〇何で頭皮を洗うか? 〇睡眠の質 〇ストレス

〇生活習慣 〇食事 〇栄養 等々 でしょうか?

結果も「人によってかなり違う」ことが多いのは

発毛キッカケが人によって違うからです。

これらを全部深掘りして研究しましたが、完全にクリニック化

してしまいます。

よって

シンプルな道具と習慣だけで、発毛の底上げできないか?

これも14年程、少しずつやってきたので、一部結果を・・

↓頭頂部が細く薄くなったことを気にされた方
(撮影:2018.02.02)
正確に伝えると、数年間あれこれチャレンジされてかなり
毛が増えた状態です。


s-ハゲ4

↓同じ毛根穴から生える細い毛が太くなるかどうか?

毛-10

↓細い毛が増えていますね。
s-細い

↓一年後は同じ毛穴からの3本の毛が太くなってきています。
s-毛-4


↓1年1ヶ月後(撮影日:2019.03.08)
「備長炭ツボ押し」で押している写真
s-ハゲ1年目



太く増えてますね。


この方は、数年前から、あれこれチャレンジして下さって

ますが、この1年数ヶ月は「ソープ±0」と「備長炭ツボ押し」がメインで

忘れた頃に「フルソマ20倍希釈噴霧」とシンプルになったそうです。


「備長炭ツボ押し」で血管を押すと

血管を柔らかくする物質「NO」(一酸化窒素)

が発生し、血管の緊張を和らげて拡張します。

これによって血管が柔らかくなります。

毛細血管が柔らかくなるイメージで優しく押しましょう。

頭頂部のツボやコメカミ周辺、耳の周りの気持ちの良い

場所を押せばよいです。

(もちろん、毛髪の薄くなった場所も)
間接エネルギー

この記事の備長炭レベルを使っています。


シャンプーやソープは、それをつかっている限り

育毛は不可能かもしれませんし

健康食品も、AやBを食べ合わせているから育毛は不可能かも

しれませんし、難しいものですよね。

本気の発毛はクリニック化しかないかもしれませんが・・・


既に同族製品を1500本は出荷しましたが、

頭皮のはツボ押しは注意点があるようです。

約2ヶ月後に2名から「毛がさらに薄くなったかも」と

連絡受けて拡大鏡でみてもらった結果、

抜けたのではなく、切れ毛が増えたそうです

気持ちよい場所(ツボ)や薄い場所にピンポイントで

押しているので、毛自体も押しているポイントが集中し

そこから切れてしまったようです。

切れても育ちますが、優しく押しましょうね。




















植物の耐寒性・生命力アップ

原料説明



 

私は土壌と植物に対しては、多様性微生物群を崇拝して追及している

立場ですが・・・

 

まずは、花咲爺さんの粉(無機ミネラル単体のお話です。

 

この花咲爺さんの粉を根元に少し撒けば

○耐寒性アップ

○葉緑素増える

○葉や茎が太くなる。

○収穫や開花時期が延びる。

○病気に非常に強い  等々 表れます。

土壌がソコソコ育つレベルだと、もの凄い差がでます。

*私は比較区も元気に育つレベルで育てて比較するよう
 心がけています。 

 

鉱石等5種類混合で配合が繊細です。(放射線出ていません)
17年費やしました。
(マニアかオタクか・・)

 

植物に対する多量、中量、微量ミネラルとは全く関係のない効果です。

 

日々草(トコナツ)は猛暑と直射日光大好きな夏花ですね。

 

11月下旬には、葉を落とし、冬越しするか枯れるかは気温次第・・・・

と思っていましたが、こんなことが起きます。
<2月3日撮影>

s-0203トコナツ

バッサリ剪定して日陰に置いていたら試験区(右)は若芽が
再生して濃い緑のまま冬を越しています。

雪1回 フロントガラス凍ったこと2回 最近は気温1~14℃です。


V根元


花も数百個は咲かせたのに、どこにエネルギーが残っているのかな?

種のサヤの液体を顕微鏡で比較撮影しました。

すると、巷でいう「ソマチッド」が明らかに多く存在していました。

ここではソマチッド様物質とします。




次は、ミント(イエルバブエナ)

ラムベースのカクテルで大人気のハーブですね。

 

同じ遺伝子の苗を同じ土と小さい鉢で比較試験しました。

 

花咲爺さんの粉を適量より多めに土に混ぜ込みました。

↑これは余計な行為です。

根元にも少し。

 

↓比較区も立派ですが剪定せず鉢が小さいので葉先が枯れて

   新芽が出にくい状態かも?
s-DSC00240

 

↓試験区は12月上旬からポリフェノールが増えて綺麗な紅葉です。

こちらも剪定していませんが枯れませんね。
目的の香りも最高です。

s-DSC00239

 

新芽に大きな差が出ています。

↓試験区 分厚くて非常に丈夫です。

s-粉

↓比較区の新芽(薄いですがこれが標準です)
s-比較


比較区の土壌に元素が足りないなんてことはありません。


 

次は、ご高齢の方が「冬は太陽光が一切当たらない裏の畑で野菜を作りたい」
いっていたので、花咲爺さんの粉を新芽が出たら根元に少し撒いて

もらいました。

すると、ご本人も隣人もびっくりするくらい大きく育って、収穫3回目だと

興奮して連絡ありました。

 

肥料も土壌微生物も一切無視してもこのレベルの結果が出てしまいます。
(肥料分は何かが残っているのだと思いますが)

ブロッコリー 何故、葉がこんなに上を向いているのかな?

1547958322607

健康の為に土を弄って、健康になる無農薬野菜を食べて
最高ですね。

動画であるようなエネルギーの高い野菜が
究極の健康食品だと信じています。



多様性微生物土壌で立派に育った植物も
同じようなことが起きます。












間接エネルギーと植物生長実験


はじめまして。

マニアックな、植物、微生物試験を約20年程やってきましたので
備忘録的に実験等綴っていこうと思います。

基本テーマは
〇微生物の力
〇エネルギーの使い方と正体
〇ミネラルの真実  でしょうか・・・

第1回目ですので、農業で最終的に何が必要か
を問うような実験からご紹介します。


間接的なエネルギーで植物の生長に差は出るのか?


<ミニひまわりの発芽~生長比較>
*当試験は特別な微生物資材一切投入していません。
 
左5個=備長炭を特殊技術で加工して
    4隅で囲った区

右5個=普通に育てた区
*土壌設計も肥料も全く同じ条件で隣同士育てました。

6.8全体

↓左の備長炭で囲った区の生長が育苗ポットの生長域を超えています。
*右の比較ひまわりも立派なんですよ。
 このような設計が大事なんです。
s-6.22比較

↓どうですか?
 何度やっても似た現象起こります。
6.27比較_LI

そして、病気に対しても大きな差が出ました。

↓比較区の葉(葉ダニにやられました)
7.7比較

↓備長炭で囲った試験区
 隣の比較区から少し葉ダニが付きましたが、とても
 立派に育ちました。
7.7炭

植物エリアの四隅に備長炭を
置いただけです。
*普通の備長炭置いてもここまでの
  変化はないですよ。


約20年でここまで突き詰めましたが、次回から原点に戻って
微生物に関することを綴っていこうかと思います。