農業進化は止まらない

長年、微生物や植物、環境浄化について趣味の範疇で実験や検証を 繰り返してきました。 不思議現象が科学的説明できるようになったり 未だに推測の域を超えない現象も多々ありますので 備忘録的に綴っていこうと思います。

バーベナ

植物の耐寒性は強い証拠(バーベナ)


過去記事で、耐寒性や巨大化を頑張っておりましたが、

レモンバーベナを秋口にバッサリ剪定し、冬に向けて根を養生しようと

外の棚(日陰)で保管していたところ、新芽が少しずつ生長し(仮眠に近い)

最低気温は2~6℃なんてよくあるのですが、耐寒性を保持してきたかも

しれません。
*本来、冬は必ず落葉します。
2020年2月3日撮影
DSC01437

この上にローズマリーがあって、鉢の底から土混じりの水がバーベナの
葉に落ちて茶色くなっているところがあります。
*まさか冬に出荷するなんて夢にも思っていなかったので・・・

香りも抜群! 冬に生のバーベナの香りを楽しめるなんて
想定外でした。

↓重要なお知らせ
DSC01435
巨大化させたバーベナと、秋口に剪定しなかったバーベナ
現状です。
このように、休眠状態が普通です。
葉は硬く、残香がある程度です。
*やはり剪定による刺激大事ですね。

これも、春以降、とんでもなく茂ってくるでしょう!

そういえば、ローズマリーも・・・
DSC01436

冬なのに、モリモリ生長しています。
*土に拘っての「0磁場」=高いエネルギー同士を拮抗させている。

余談ですが、波動(定義は置いといて)が強いとか高いものより
波動値=0の方が断然波動の質はよいのです。



↓純粋に冬の植物をいかに綺麗に育てるか楽しんでみました。
*仕込んだだけで放置ですが・・
DSC01441

なかなかの傑作です。(嬉しいです)

波動の上向き、下向き=0
強さ、高さを拮抗=0

農作物の場合は、収量あげたいのでちょっと考え方が変わります。

色々農園で実験中です。
面白い報告ができそうです。




 

レモンバーベナ:最高の瞬間とは?


レモンバーベナの香りや生ハーブティーを楽しんで
ますか?

実は・・・・・・

冬前にレモンバーベナの最高の瞬間を楽しむ為に、
時期である春~秋に育てているようなものなんですよ。

DSC01095

上の葉はごく普通に育って楽しませてくれた葉

下の葉は、冬前のバーベナの葉!

この冬前のバーベナの葉が一年で最も素晴らしい香りと
覚醒能力発揮します。



まずは↓9月の最も大きくなる時期のバーベナ
9.15

新芽がそのまま伸びて枝になって葉も増えますね。
(これも最高の香りですけどね)

さて、冬前とは??
DSC01058
下葉も新芽に養分与えながら黄色くなり落葉しつつあります。

これの緑の先端部分の葉をドライハーブにする為に
剪定します。
(香りも弱いので、冬支度兼ねての剪定です)
DSC01059

するとどうでしょう?
*太い枝だけ残してバッサリ切ってます。

DSC01075

枝から新芽がわんさかと・・・
11.16

この冬前に、剪定した枝から出てきた新芽が、

最高の瞬間です。

葉が薄くて柔らかいので、香り次元も驚きのレベルにアップ
してますよ。

春と違って、冬前は葉ダニ等の被害に合いにくいので

管理の上でも、冬前のバーベナの葉の香りは最高傑作と
いえるでしょう。


ぜひとも、チャレンジして下さい。

ハーブ出荷・完全自然栽培・・

DSC00814
レモンバーベナとローズマリーです。

DSC00816

この子達は、冬も外で耐えて(レモンバーベナは落葉して
細い枝しか無い状態での水管理)

春になったらモリモリ育ったかと思えば、バーベナは30%は
葉ダニの被害に。。

*しかし、敢えて葉ダニにある程度食わせました。

剪定するつもりだったことと、植物は食害にあっている信号を
放出し逞しくなるのです。

と、いいつつも、剪定で解決してたら永遠に剪定で終わる為に

水道水+微量の天然塩噴霧で葉の裏を洗浄し、

微量ミネラルで復活もしました。(水500:天然塩耳かき1杯)
*肥料が有機でも化学肥料でも、害虫が寄ってきます。



ローズマリーも難儀しましたね。
DSC00809
↑蛾の幼虫

蛾の幼虫被害・・7鉢中1鉢は大きな被害に遭いました。
*バッサリ剪定して一年後にワサワサ育って太くなりますけどね。

とにかく、綿や蜘蛛の糸状のものがあったら、幼虫がいると
思って、じっくり観察して、手で除外して下さい。

*割り箸で取れないくらいすばしっこい幼虫も居ますよ。

成長点の芽を食べるし・・
*後で気づいても大丈夫です。剪定すれば側芽が出てきて
 モリモリ育ちますが、そこまでの時間がもったいないですね。

これらをキッチリ除外して、土に葉が当たらないように

備長炭で枝支えして、白いのは人工軽石で衛生的に。

土の中身はコテコテの有機物&有用微生物群&キノコ・・・

一切の薬剤、農薬は使用してません。

よく完全無農薬とか自然農法とかありますけど、

収穫する段階で不自然であって、鉢で育てるとなると
尚、何かの限界を感じることがあります。

最も重要なことはこれでしょうね。
《日々の観察》《太陽光と水が最大級の栄養源》

まずは、可愛くて何かを与えたくなる衝動が起きましたら

・水やり過ぎかも・・
・水が完全に切れたかも?・・
・太陽光による光合成環境が悪いかも?

というステップで植物の気持ちを察してあげたいものです。

上記のどれかが当てはまると枯れますので、観察が必要ですね。

あ、10月までは肥料は切れませんので、太陽や明るさ管理

お願い致します。


この子達が、人様のお役に立てますように!!!!!!!
DSC00818
DSC00823