前回記事のソマチッドについて

撮影成功したので、宜しければ
ご覧下さい。

ケイ素型ソマチッドの磁場に反応する様子も撮影しました。

0磁場の正体かもしれません!?




ソマチッドには、ケイ素型・カルシウム型の2種類が

存在しています。

映像の小粒の存在は、細菌やウイルスではありません。

何故なら、Si=岩石(珪酸鉱石) Ca=貝殻(97%)貝化石(3%)

それぞれを700℃→450℃で焼成した後に

真空高温で加熱(ここの温度が肝)し、蒸留水に溶かして

撮影しているので、生命体は存在できないでしょう。

ソマチッド撮影は飽きるほどやっているので、実はどうでもよく

大事なことは

『何ができるのか?どのように使うのか?再現性は確実か?』


動画の説明である配合を、米糠と籾殻に混ぜて、腐植土に数%混合し

微生物群と一緒に培養すると、写真のように冬でも発酵温度が

80℃までは一気に上がります。(水分調整必要)

この土を、発酵肥料の種菌にしてもよいですし、

ソマチッド混合物として色々な使い方が可能となります。

*発酵肥料そのものは発酵温度50℃以下に保たないと
 効果半減しますよ。
有用菌群で50℃超える温度に耐えられない種類はかなり多いです。

*乳酸菌崇拝者の方は55℃まで上げても良いですが
 (中温域に強い乳酸菌が多い)
 結果重視であれば50℃以下でしょう。


どのように安価に普及させるか時間が掛かりますが、

これらの手法で作った微生物群は、食品も肥料も

秘密の特徴があります。



それは、多くの方が実践している発酵は、分解と増殖発酵で

あるので、1g当たり2000万超の微生物密度までは

簡単ですが、その後、一気に生菌率が2桁下がることは研究員なら

誰でも知っております。

しかし、通称ミネラルのソマチッドで培養すると、生菌率の

低下率が1/20に抑えられます。


害虫も寄ってきません。


この辺の実践データは次の機会に・・




ケイ素溶解発酵



もみがら発酵

↑籾殻のような難分解性素材には、セルロースやリグニン分解菌糸が必要で、

当ソマチッドを液状噴霧かパラパラ撒くと、このように綺麗に綿状の菌糸発酵

が簡単にできて強いです。(砂糖等を混ぜると弱くなります)

これを土壌に撒くと、植物の病害虫防除や生育、耐寒性が強くなり

種やサヤに豊富にソマチッドが含まれます。




余談ですが、個人的に食べてみた感じですが・・

Ca型ソマチッドは、口の中で溶けて無くなり(数%は溶けない)
脳を楽にしてくれます。

Si型ソマチッドは腸内細菌が喜びますね。

〇Ca型80%:Si型20%混合=病害虫防除(半端ではない力)
〇Si型100% =腸内細菌有用菌の増大と安定
〇Ca型100% 偏頭痛や吐き気が短時間で緩和(腸内以外の臓〇へ酸素を〇給
  軽く歯磨きすると・・
 手をかざすと、粗いエネルギーを吸収する力が強い。
〇Si型95%:Ca型5%=土壌の多様性の・増大、有用菌発酵促進
等々です。