ローズマリー・・・

秋と春(最高温度20~26℃)が続くとスクスク育ちます。

鬱や精神向上・脳神経を〇復 ・やる気スイッチを押す・

認知症への高い効果・・・

素晴らしいハーブですね。

種類が非常に多いですが、

一般の趣味感覚で匂いを比較しますと、どの品種も

「ローズマリーの香り」と答えるくらい特徴がありますね。

但し、敏感な方、脳の反応が分かる方は品種の差に拘るようです。

当然、私も「香り優先」です。

悩むところは、

〇鉢植えに向く品種  〇地植えで大きく育てたい品種

まずは、香り高く鉢植えに向いているローズマリーの写真

DSC01078

上に伸びないように剪定しつつ養生してますので

果樹のミニチュアみたいで可愛い感じです。

↓しかし、写真のように密集していると、風通しと太陽が
当たらなくなり中が弱ってきますので剪定します。

DSC01080

↓中の密集している細い枝の根元や虫に食われた枝、
 下向きに生えた枝、育てたい形に整える為の剪定
*枝の根元から切らないと、切った場所から2枝出てきて
 上の写真のようにさらに、こんもり育ちますよ。

DSC01081

これくらい隙間を作ってあげて、また養生しましょう。

鉢植えの場合、根の限界があるので、葉が多すぎると栄養や
水分が回らなくなります。

収穫した葉は、手で揉んで鼻からタップリ嗅いで下さい。

脳に直行して、脳神経や脳の活性化や精神も向上します。

香りを楽しむお薦めは

1.風呂に浸かりながらorシャワーで上がる前
 (副交感神経が優位に立って落ち着く時に、脳を活性化する
  ローズマリーの香りのギャップが脳に最高であることが実感できます)

2.寝起き(寝ぼけて脳の血流が悪い時に、血流を促してやる気
     が起きます。やる気=現実を良い方向に導きます)

3.悩みが深いとき
 (脳の活性化の為、前向きに捉えることができます)

4.勉強・趣味・運動・試験前
  (IQや偏差値が必ず上がるでしょう)

これが習慣になると、覚醒するかも?