農業進化は止まらない

長年、微生物や植物、環境浄化について趣味の範疇で実験や検証を 繰り返してきました。 不思議現象が科学的説明できるようになったり 未だに推測の域を超えない現象も多々ありますので 備忘録的に綴っていこうと思います。

ソマチッド微生物群の力:分析結果

『ソマチッド微生物群の力』素晴らしい結果が出ました。


ソマチッドには『Siケイ素型』『Caカルシウム型』

の2種類が存在し、目的によって配合バランスが

変わることを前回書きました。

今回は、ソマチッドで『微生物群の力が強い土』(であろう)

を作り『土壌微生物多様性・活性値』を測定しました。

1度しか分析していません。



株式会社 DGCテクノロジー様が「土壌微生物多様性・活性値」の分析と解析
をされております。

微生物群の力を包括的に数値化しており、科学的に客観視できるデータです。

素晴らしい研究と解析方法なので、色々な意味でぐうの音もでません。

全国で、最高の土壌(微生物群)を作るために(目的は最高の作物を育てる為)
必要な分析・解析となってきているようです。

http://www.dgc.co.jp/biodiversity.htm

私が説明するとミスリードするかもしれませんので、是非HPご覧下さい。



私自身も微生物群研究の壁がありました。(宇宙規模の世界なので当然)

仮に「特定のスーパー微生物X」が存在するとしても、他に数百~数千種類の
微生物群の共生する力がなければ、スーパー微生物単体の力等、些細なものである。

しかも、菌数を測定しても、培養できない種類も多すぎて、何をやっても
重箱の隅のような考察になります。
(重箱の隅を積み重ねるのが研究でもありますが)

等々・・・・・


微生物と向き合ってきた人なら、実感してきたと思います。


95種類の異なる有機物の分解速度を測定しています。
20200417164642028_0001





分析した「ソマチッド基土」サンプル
慣行農法の果樹園の土(昔の山土)に対し
「Si型ソマチッド」98%:「Ca型ソマチッド」2%混合物を

20%混合し、散水(塩素抜き)好気的に静置し
乾燥したら、さらに散水を繰り返した1が月後

*誰に嗅がせても「土の香り」と答えます。

DSC01562



結果:2,267,294  (偏差値:91.0)
(全国土壌上位0.?%の数値です)

95種類有機物をほぼ分解しております。
α-ケト吉草酸だけ分解が苦手なんだと一目瞭然です。

値





データグラフ一部(各有機物の分解速度)95種類データあります。
活性が高いですね。

グラフ




20200417163731006_0001


果樹園で使ってみると、雑草の種類も豊富になりミミズも雑草の根周辺に
多く発生してきました。

当然、周辺果樹よりも驚くほどよく育っています。
しかも伐採前の老木が・・・





次のデータは土壌の分解多様性分布ですが、
まさしく人の腸の中もいえることでしょうね。

有機物分解能の
多様性分布が広ければ病気抑止できます
多様性
左上:当サンプル  右上:土ではない発酵ボカシ等の活性が高いもの
左下:病気の土壌  右下:病気を抑止できる多様性分布

当サンプルは、病気を抑止する分解多様さ分布よりも
幅広く分布しておりました。


↓2月にブログアップした写真です。
 家族が買ってきた植物を混栽して、綺麗にさかせようと
ソマチッド発酵を混合した土です。

DSC01441

そして開始から3ヶ月経過した写真(4月19日撮影)
肥料等一切与えず放置。

季節超えてまだ元気に育っております。。

DSC01608


果樹園もかなり凄いことになっております。。




















ソマチッドの種類と0磁場(更新)

前回記事のソマチッドについて

撮影成功したので、宜しければ
ご覧下さい。

ケイ素型ソマチッドの磁場に反応する様子も撮影しました。

0磁場の正体かもしれません!?




ソマチッドには、ケイ素型・カルシウム型の2種類が

存在しています。

映像の小粒の存在は、細菌やウイルスではありません。

何故なら、Si=岩石(珪酸鉱石) Ca=貝殻(97%)貝化石(3%)

それぞれを700℃→450℃で焼成した後に

真空高温で加熱(ここの温度が肝)し、蒸留水に溶かして

撮影しているので、生命体は存在できないでしょう。

ソマチッド撮影は飽きるほどやっているので、実はどうでもよく

大事なことは

『何ができるのか?どのように使うのか?再現性は確実か?』


動画の説明である配合を、米糠と籾殻に混ぜて、腐植土に数%混合し

微生物群と一緒に培養すると、写真のように冬でも発酵温度が

80℃までは一気に上がります。(水分調整必要)

この土を、発酵肥料の種菌にしてもよいですし、

ソマチッド混合物として色々な使い方が可能となります。

*発酵肥料そのものは発酵温度50℃以下に保たないと
 効果半減しますよ。
有用菌群で50℃超える温度に耐えられない種類はかなり多いです。

*乳酸菌崇拝者の方は55℃まで上げても良いですが
 (中温域に強い乳酸菌が多い)
 結果重視であれば50℃以下でしょう。


どのように安価に普及させるか時間が掛かりますが、

これらの手法で作った微生物群は、食品も肥料も

秘密の特徴があります。



それは、多くの方が実践している発酵は、分解と増殖発酵で

あるので、1g当たり2000万超の微生物密度までは

簡単ですが、その後、一気に生菌率が2桁下がることは研究員なら

誰でも知っております。

しかし、通称ミネラルのソマチッドで培養すると、生菌率の

低下率が1/20に抑えられます。


害虫も寄ってきません。


この辺の実践データは次の機会に・・




ケイ素溶解発酵



もみがら発酵

↑籾殻のような難分解性素材には、セルロースやリグニン分解菌糸が必要で、

当ソマチッドを液状噴霧かパラパラ撒くと、このように綺麗に綿状の菌糸発酵

が簡単にできて強いです。(砂糖等を混ぜると弱くなります)

これを土壌に撒くと、植物の病害虫防除や生育、耐寒性が強くなり

種やサヤに豊富にソマチッドが含まれます。




余談ですが、個人的に食べてみた感じですが・・

Ca型ソマチッドは、口の中で溶けて無くなり(数%は溶けない)
脳を楽にしてくれます。

Si型ソマチッドは腸内細菌が喜びますね。

〇Ca型80%:Si型20%混合=病害虫防除(半端ではない力)
〇Si型100% =腸内細菌有用菌の増大と安定
〇Ca型100% 偏頭痛や吐き気が短時間で緩和(腸内以外の臓〇へ酸素を〇給
  軽く歯磨きすると・・
 手をかざすと、粗いエネルギーを吸収する力が強い。
〇Si型95%:Ca型5%=土壌の多様性の・増大、有用菌発酵促進
等々です。







ソマチッドと農業革命の関係

植物が平均よりも耐寒性をもったり力強く育つ場合、

以前の植物ソマチッドの記事

この動画であるような、ソマチッドが豊富に

含まれます。
*他にも多く観察しています。



さて、ソマチッドとは?

色々とネット上では書かれていますが、私も「素材」に対して以前は疑問がありました。

以下のようなことが主に書かれています。

A.ソマチッドは「ケイ素」である。

B.ソマチッドは貝化石にあるカルシウムに含まれている。

C.カルシウムがケイ素に常温核融合された物質に含まれている。

D.植物や貝や動物に含まれているソマチッドは現代ソマチッドで個性があり、
   太古の化石や岩石のソマチッドは強く、現代ソマチッドを活性化させる

  諸々と言われていますね。


私なりに研究、実験した結果、ソマチッドには
◯ケイ素由来ソマチッド
◯カルシウム由来ソマチッド
共生関係にあり、この2つが存在しないと
凄い結果は望めません。

ソマチッドが多いと言われている太古の貝化石の場合、農業されている方はご存じだと思いますが、

作物土壌に混ぜると、根張りもよく強く育ちます。(一般カルシウム資材と比較)

そして、貝化石はカルシウムだけではなく

ケイ素が「珪酸」という形でかなり含まれています。
(素材によって違いますが)

貝化石の「ケイ素」は「珪藻」の核の珪酸が化石化されたもので

貝と一緒に数千年万年も風化されてできたものです。

しかし、貝化石は土壌微生物の多様性や活性度が高ければ、微生物の力を借りて植物にソマチッドを
発現できますが、その条件が難しい土壌も多いです。

そして、貝化石のケイ素=珪藻の化石=珪藻土は、ソマチッドの欠片も発見できず、動植物にも何ら凄い現象も起きません。

ということは「貝化石」でソマチッドを発現させるには、ケイ素が溶けやすいアルカリ側の微生物群で発酵させなければならないが、再現性が難しいことも分かりました。
珪藻由来のケイ素には、ソマチッド活性力がないという意味です。


そこで、噴火由来の真っ白の岩石を発見し、その岩石は

アルミが1%未満しかなく(通常の岩石はアルミが9~17%含まれています)
硬い珪酸(ケイ素)率90%以上で、水には溶けないが、微生物の力で簡単に溶解することを発見。

*微生物の力で化学薬品使わずともケイ素が溶解する岩石は他にもあります。


微生物で溶解させたケイ素由来ソマチッドを植物が吸収すると、ソマチッド様物質が多く含まれます。

しかし、カルシウム由来のソマチッドも同時に存在しなければ、植物も人間も大きな活力源とはなりません。

カルシウムは「石灰岩」「水酸化カルシウム」「炭酸カルシウム」「卵の殻」「貝殻」等々沢山存在しますが、ソマチッドを活性発現させる

為には素材が限定されます。

太古の海にはカルシウムが豊富に含まれていましたが、現在は微々たる量しか存在しません。

よって、石灰岩や化石が豊富な土壌の水が流れる海域で育った貝殻を使う必要があります。

そして、貝殻は化石になるくらいなので分解しません。

直火で焼成しなければ溶解せずソマチッド発現には至らないことも分かりました。

現代の貝殻でも、貝化石のカルシウムでも
よいですが、現代貝殻がカルシウム比率高い
為に結果が安定します。

直火温度もシビアな設定が求められるので非常に面倒ですが。。

例えば、雑草を焼くと草木灰「カリウムとカルシウムの肥料」になり溶解性が高く植物が吸収して元気になることも類似しています。

植物を炭化させるとカルシウムソマチッドは発現しません。

結論(ソマチッド基材)
〇ケイ素ソマチッドはケイ素を微生物で溶解させる。

〇カルシウムソマチッドはカルシウム素材を焼成させる。

この2点が合わさって、はじめて限界突破できるソマチッドの基材が完成します。
*他の微量要素も必要ですがマニアックな元素ミネラルなので割愛します。

さらには、土壌の微生物活性高く「ソマチッド基材」も散布した場合ですが

リン酸→窒素=カリ=カルシウムと、植物の要求量が非常に増しますので、これに気づいて沢山施肥した場合、豊作になります。


DSC01472
↑微生物で溶解させる前の珪酸岩石

DSC01473

↑選定したカルシウム素材をシビアな温度設定で焼成したもの。

これ直接食べると信じられない効果もありますが、活字には残せないので割愛します。


ケイ素溶解発酵
↑珪酸岩石を、太古の腐植土(フルボ酸等)で発酵溶解している写真

*余談ですが、発酵肥料でここまで発酵温度を上げると、多様性失います。
 これはケイ素を微生物で溶解させる目的の温度です。

DSC01474
↑天然水にケイ素/カルシウムソマチッドが溶解している写真
 *この段階では、微生物は熱殺菌されて存在しません。
  (可愛そうですが)
*他の一部の「ケイ素水」のように強アルカリの水酸化ナトリウムで溶解させていません。
  自然の力のみです。


↓次回説明しますが、植物性発酵肥料の菌糸

 これは「ソマチッド基材」を噴霧させ籾殻を発酵中の写真。
 綺麗な雪のような菌糸が全体を覆いながら籾殻に多く含まれる珪酸(ケイ素)と強固なセルロースを分解します。
この菌群は凄い能力ですよ。
 もみがら発酵