農業進化は止まらない

長年、微生物や植物、環境浄化について趣味の範疇で実験や検証を 繰り返してきました。 不思議現象が科学的説明できるようになったり 未だに推測の域を超えない現象も多々ありますので 備忘録的に綴っていこうと思います。

微生物の力(水槽魚と酵素水と植物)


10年程前に、熱帯魚のプロショップの社長に

教わりました。

餌と糞尿によるアンモニア態窒素・亜硝酸等々で魚が

死ぬから嫌気性微生物の脱窒菌を育てる期間が必要だと。


膨大な微生物の世界で想像したら、そんな狭義の微生物管理は

ナンセンスではなかろうかと思い実証しました。

結論から書きますと、

微生物を使えば、淡水魚、海水魚、海藻を

同時飼育することは簡単で活き活き育ちます。


s-DSC00900

s-DSC01075
s-DSC01026
s-DSC00993
s-DSC01136
s-DSC00996

特に清流上流から捕まえた ハゼ は海水(塩分調整しています)

では絶対に育たないと言われましたが、全ての生物は、

塩分慣らし無しで長生きしてくれました。

バチルス属の細菌をストレス与えながら(砂糖等で甘やかさないで)

培養して生き残った菌だけ3日間入れて水槽の水を作りました。
(空気中から色々と菌は入りますけど)

水に【照り・光沢】が出てきたら完成です。

塩分調整はしましたが、微生物により水が完成したら

検査キットのアンモニアや亜硝酸等、一度も反応したこと

ありませんでした。
*微生物が一瞬で処理しています。
*酵素が触媒となり分解していますのでpHも中性になろうと 
 勝手になります。



よって、植物に関してはどうしても養分が足りないので長く

育ちませんでした。(液肥入れたことあるくらいです)

この水槽の水(微生物酵素水)は、植物の育苗中に500~

2000倍希釈して与えると、根の張りが明らかに良くなります。


このこの水凄いでしょ? とは全く思っていません。

何故ならば、出来ると思って設計しているのもありますが、

活性汚泥法で食品メーカーや下水道処理場で処理された

廃水(河川放流OKレベルの廃水)をろ過して使っても

同じ効果があります(植物に関しては)

目的によって微生物のコア共生菌を使い分ければよいのです。








植物の耐寒性・生命力アップ

原料説明



 

私は土壌と植物に対しては、多様性微生物群を崇拝して追及している

立場ですが・・・

 

まずは、花咲爺さんの粉(無機ミネラル単体のお話です。

 

この花咲爺さんの粉を根元に少し撒けば

○耐寒性アップ

○葉緑素増える

○葉や茎が太くなる。

○収穫や開花時期が延びる。

○病気に非常に強い  等々 表れます。

土壌がソコソコ育つレベルだと、もの凄い差がでます。

*私は比較区も元気に育つレベルで育てて比較するよう
 心がけています。 

 

鉱石等5種類混合で配合が繊細です。(放射線出ていません)
17年費やしました。
(マニアかオタクか・・)

 

植物に対する多量、中量、微量ミネラルとは全く関係のない効果です。

 

日々草(トコナツ)は猛暑と直射日光大好きな夏花ですね。

 

11月下旬には、葉を落とし、冬越しするか枯れるかは気温次第・・・・

と思っていましたが、こんなことが起きます。
<2月3日撮影>

s-0203トコナツ

バッサリ剪定して日陰に置いていたら試験区(右)は若芽が
再生して濃い緑のまま冬を越しています。

雪1回 フロントガラス凍ったこと2回 最近は気温1~14℃です。


V根元


花も数百個は咲かせたのに、どこにエネルギーが残っているのかな?

種のサヤの液体を顕微鏡で比較撮影しました。

すると、巷でいう「ソマチッド」が明らかに多く存在していました。

ここではソマチッド様物質とします。




次は、ミント(イエルバブエナ)

ラムベースのカクテルで大人気のハーブですね。

 

同じ遺伝子の苗を同じ土と小さい鉢で比較試験しました。

 

花咲爺さんの粉を適量より多めに土に混ぜ込みました。

↑これは余計な行為です。

根元にも少し。

 

↓比較区も立派ですが剪定せず鉢が小さいので葉先が枯れて

   新芽が出にくい状態かも?
s-DSC00240

 

↓試験区は12月上旬からポリフェノールが増えて綺麗な紅葉です。

こちらも剪定していませんが枯れませんね。
目的の香りも最高です。

s-DSC00239

 

新芽に大きな差が出ています。

↓試験区 分厚くて非常に丈夫です。

s-粉

↓比較区の新芽(薄いですがこれが標準です)
s-比較


比較区の土壌に元素が足りないなんてことはありません。


 

次は、ご高齢の方が「冬は太陽光が一切当たらない裏の畑で野菜を作りたい」
いっていたので、花咲爺さんの粉を新芽が出たら根元に少し撒いて

もらいました。

すると、ご本人も隣人もびっくりするくらい大きく育って、収穫3回目だと

興奮して連絡ありました。

 

肥料も土壌微生物も一切無視してもこのレベルの結果が出てしまいます。
(肥料分は何かが残っているのだと思いますが)

ブロッコリー 何故、葉がこんなに上を向いているのかな?

1547958322607

健康の為に土を弄って、健康になる無農薬野菜を食べて
最高ですね。

動画であるようなエネルギーの高い野菜が
究極の健康食品だと信じています。



多様性微生物土壌で立派に育った植物も
同じようなことが起きます。












間接エネルギーと植物生長実験


はじめまして。

マニアックな、植物、微生物試験を約20年程やってきましたので
備忘録的に実験等綴っていこうと思います。

基本テーマは
〇微生物の力
〇エネルギーの使い方と正体
〇ミネラルの真実  でしょうか・・・

第1回目ですので、農業で最終的に何が必要か
を問うような実験からご紹介します。


間接的なエネルギーで植物の生長に差は出るのか?


<ミニひまわりの発芽~生長比較>
*当試験は特別な微生物資材一切投入していません。
 
左5個=備長炭を特殊技術で加工して
    4隅で囲った区

右5個=普通に育てた区
*土壌設計も肥料も全く同じ条件で隣同士育てました。

6.8全体

↓左の備長炭で囲った区の生長が育苗ポットの生長域を超えています。
*右の比較ひまわりも立派なんですよ。
 このような設計が大事なんです。
s-6.22比較

↓どうですか?
 何度やっても似た現象起こります。
6.27比較_LI

そして、病気に対しても大きな差が出ました。

↓比較区の葉(葉ダニにやられました)
7.7比較

↓備長炭で囲った試験区
 隣の比較区から少し葉ダニが付きましたが、とても
 立派に育ちました。
7.7炭

植物エリアの四隅に備長炭を
置いただけです。
*普通の備長炭置いてもここまでの
  変化はないですよ。


約20年でここまで突き詰めましたが、次回から原点に戻って
微生物に関することを綴っていこうかと思います。