農業進化は止まらない

長年、微生物や植物、環境浄化について趣味の範疇で実験や検証を 繰り返してきました。 不思議現象が科学的説明できるようになったり 未だに推測の域を超えない現象も多々ありますので 備忘録的に綴っていこうと思います。

ソマチッド栽培巨大化(鉢植え)の結果・・Vol.4



Vol.1~3の続きです。


左:比較区(過冷却のみ) 右:ソマチッド区

DSC01838




↓ソマチッド区の葉(害虫に強い)
DSC01841


↓比較区の葉(害虫に弱い)
DSC01840


↓ソマチッド区の「トライコーム」*産毛

密度が高く強靱
ソマ産毛


↓比較区の「トライコーム」薄くて少ない(標準)
比較


ソマチッド区(8/1に開花)
DSC01842


比較区(8/1)
DSC01843


生長速度は2~3倍は早かったですが、途中で「ソマチッド」
区の生長が鈍って止まりました。
*最終的には断然大きいです。

理由は「小さい鉢」

植物の大きさは、土の堆積に比例しますので限界に達しました。

「ソマチッド区の鉢の土」だけ、根がパツパツに張って
水が染みこまない状況映像

*右側がソマチッド区の鉢(土)



産毛のトライコームは、害虫防除や有益虫の誘引

抗酸化物質やポリフェノール類の物質を蓄積し

ハーブの香りもトライコームに蓄積されています。

さらには、強風や太陽光から植物を保護する役割のある

化学工場ともいわれています。

ソマチッド栽培は、生長が早まるだけでなく、

どの植物でもトライコームの密度が高まるので

有効な手段ですね。

<ソマチッド栽培のメリット>
1.生長が早い
2.トライコーム密度が高く、栄養価や香りがよい
3.害虫に対して標準よりも強い
4.採取した種子も標準より生育が良い種子になる

<注意点>
土の量が限られる場合は、収穫の早い野菜や、香り重視の
ハーブがお薦め

路地栽培であれば、樹木でも生長促進作用が確認されています。


比較区及びソマチッド区共に、「過冷却」させた種から
開始しましたが、

過冷却自体は、生長促進等に明らかな好影響は与えない結果
となりました。

これを元に、季節の植物で再試験してみます。






ソマチッド栽培で巨大化 vol.3

ソマチッド栽培巨大化.vol.2

の続きです。

<6月28日>


6.28
6.28B

<7月5日> 鉢替えしました。

左:比較        右:ソマチッド区
7.5

ソマチッド区は地植えか大きな鉢に植替えたら2m超える
でしょうね。

ソマチッド栽培研究公開

↑でも書いているように、研究段階の公開中です。

この差を確認したことによって、例えば、ホウレン草等

の野菜の生育と大きさと栄養価を短期間で上げる方法が

みえてきます。

目的は、如何に安価に誰にでも提供できるように!

研究実験続けてみます。



ソマチッド栽培で巨大化試験 vol.2

前回の研究実験の続きです。

ソマチッド栽培で巨大化vol1

<6月8日 9日目>

左:過冷却のみ   右:ソマチッド

初めてみる差です。
左は主根がしっかり生えて、土が簡単に取れます。
一見すると、左の根が多く張っているようにみえます

が・・・

右は主根が小さいですが「細根」が多く、土が取れにくい。
でも、細すぎて土を外すと切れてしまいます。

植物は「細根」が重要だと言われますが、極端な試験
ですので、結果も極端のようです。
0609 (2)


<6月11日:12日目>

どうみても「徒長」ですが、茎も葉も太くなり、
一般の徒長ではないようです。

生長の差がどんどん開きます。


本日より、化成肥料(顆粒)を同量撒いています。
0611A
0611B

今後の設計調整(再試験)が楽しみですね。

やっぱりソマチッドは素晴らしい!